title

TOP > WORKS > 小松 秀嵩

Title: 椅子またはテーブルとして使用できる家具の提案

Name: 小松 秀嵩 / Komatsu Hidetaka

Couse: プロダクトデザインコース

Lab: 原田研究室

椅子またはテーブルとして使用できる家具の提案

概要

近年、国の人口に対する人々の1人暮らしの割合が増えてきている。1人暮らしをすると1Kや1Rに住む人が大多数を占めるが、平均的なスペースは12??15?である。畳み6枚の面積が約10?なので、広い空間であるとはいえないのが現状である。本研修では狭いスペースに置くことができ、且つ日常で生活で多用するであろう座椅子やテーブルに目を向け、その両方を両立させることのできる2WAY式家具の提案を目的とした。検証の結果、概ねコンセプトを満たしたデザインとなったが座面角度や表面加工に課題が残る結果となった。

◁根市 峻輔 安田 由利恵▷