title

TOP > 小嶋 英央

Title: パーソナルデバイスへの通知による非同期非対面コミュニケーションの改善

Name: 小嶋 英央 / KOJIMA Akira

Couse: エクスペリエンスデザインコース

Lab: 両角研究室

パーソナルデバイスへの通知による非同期非対面コミュニケーションの改善

概要

 物事を考えたり決めたりする事は、直接的に会い会議やディスカッションを通し交流する事が有効である。しかし、遠隔地の人と交流するにはスケジュールなどの問題でなかなか会う事ができない。そこで、2009年度に諏訪悠紀・櫻田真也により非対面でのコミュニケーションを行うことを目的として”Diverge”が開発された。このDiverge内で、「フセン」を重ねて貼っていく事でディスカッションすることができる。
 また、Diverge上で追加されたツールをPC上でユーザーに通知する機能である”DivergeNortification”が2013年度に阿部卓弥により開発され、Divergeでのコミュニケーションの活性化に繋がった。しかし、通知がきていても気づかないことが多々あり、議論が進まないのが現状である。気づかない理由は、PCを常に起動している訳ではないからである。 本研究では、Divergeを使用し、スムーズなコミュニケーションを行ってもらうため、PCより通知の容易な機器への通知方法を考える。身近な機器への通知機能の開発を行い、より円滑したコミュニケーションを目的とする。

◁鈴木 貴浩 小澤 悠太 氏家 拓海▷